商品カテゴリー

WHAT'S NEW
LEDについて
オーダーメイド&共同開発
製品開発実績
当社の強み・お約束
掲載記事紹介
お買い物ガイド
新規会員登録
登録変更・退会
会社案内
営業時間
■土・日・祝日及び弊社指定日を除く9時~17時
■FAX/メールでのご注文は24時間年中無休でお受け いたします(お返事は弊社営業日とさせていただきます)
営業日カレンダー
お問い合わせ
製品・オーダーメイドに関するお問い合わせ

LEDの特徴、課題

LEDの特徴

【1】消費電力が少ない

照明用途としてLEDが注目されている最大の要因は、白熱電球や蛍光灯に比べて
消費電力が非常に少ない点(白熱電球の1/10、蛍光灯の1/2程度)があげられます。
消費電力がすくなければ、家庭としては電気代が少なくなりうれしくなるだけでなく、
地球規模でいえば、電力をつくるための石油などの消費も減少でき、CO2の削減等環境改善にも貢献できます。

【2】長寿命

LEDの発光素子自体はほとんど劣化しないためほぼ永久的に使用することができます。
電極部分の劣化や樹脂の劣化など付属品の寿命によって交換が必要になりますが、
その寿命は非常に長く、例えば、蛍光灯と比べて5倍も長持ちします。
寿命が長いため、交換の必要性が少なくなり、メンテナンスや交換にかかる費用がぐっと少なくなります。

【3】小型・薄型

LEDは、光源自体を非常に小さくできるため、商品自体の小型化・薄型化を実現できます。
様々な用途・デザインの商品を作れるだけでなく、
余計な資源を使わずにコンパクトな製品をつくることが可能です。

【4】発熱が少い、低紫外線、有害物質を使わない

LEDは、発熱が少なく照射面に触っても熱くありません。
発熱が少ないため熱を嫌う場所での照明にも使え、照明器具の発熱で室内の温度が上昇することもなく、冷房などをおさえることができます。

また、LEDは蛍光灯と違い紫外線をほとんど発生させません。
紫外線による色あせがなく、美術館などでも使用されています。また、夏の夜に照明に虫がたくさんよってきて、バチバチと照明にぶつかっている光景を見られたことがあると思いますが、LED照明の場合、紫外線を発生させないためほとんど虫がよってきません。

また、蛍光灯は発光するために水銀を必要としています。
LEDは電気を通すだけで発光できるため有害な化学物質を使用しないという点でも期待されています。

【5】指向性

LEDは直線方向に光を照射することが可能です。
また、所定角度の範囲で発光できるので明るくしたいところだけを照射することができます。
狙ったところだけを明るく出来るため例えば、
飛行機やバスなどで本を読むときに照射するライトや光害対策が必要な箇所の照明に使用することができます。

LEDの課題

LEDの課題は、高輝度の製品の開発です。輝度をあげるには電気を大量に流す必要があります。

しかし、LEDの素子は熱に弱いため大量の電気を流した際に発生する熱で寿命が縮んでしまいます。
高輝度の製品を作る場合、既存の製品よりもコストがかかったり、寿命が短くなったりするなどLEDのメリットが得られなくなります。

現在、LEDの強みをもったままの高輝度の製品の実現に向けて研究が進められています。